05-<< 06-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

レンの膵炎 闘病日記 ⑦ と ノアのお話

6月10日
この日から 自宅療養&投薬治療に切り替わったレン
残念な事に 私はお仕事へ行かなくちゃ~行けないんだよいじけ虫

我が家は いわゆるペット保険には入っておりませんでした
比較的 獣医さんのお世話になる様な事ってほぼ無いぐらい元気だったし

でも 今回 諭吉さんが ごっそりと出て行かれたので
ワタスは 治療費を稼がなくちゃ~いかんのだよガンバ

お留守番の様子は いつもの如く WEBカメラに収めておりましたが
わりと元気そうにしてたし
ワタスが居ないので寂しかったんだろな
ガウガウ怒ってましたからくすくす

何よりも お誕生日を自宅でお迎えできたことが何よりも嬉しかったです

膵炎って人間の場合 コッテリしたモノを食べたり
お酒を よく飲む方がなるイメージですが
レンの場合 食生活には気を配っていた方だし
フードも 比較的カロリーの低いものや
脂肪分の低いものを与えておりました

おやつだって ジャーキーとか与えて無かったし
気を配って与えていた方だと思います

膵炎の症状って 吐いたり 下したりの症状が出るそうですが
レンの場合 吐くでも無し うんちだって 至って普通のブツをお産みになられておりました

食欲が無い
ただそれだけでした

今回 瞬膜が出たので 緊急事態って思い 獣医さんへ駈け込んだわけですが病院クルマ
もし 瞬膜が出ていなかったら 様子を見ていたかもしれません

膵炎って お腹の火傷と言われるらしく
かなり 痛みが激しくて.
ショック死しちゃう子も中にはいるそうです

祈りのポーズ
伏せの状態でお尻だけ上げる姿勢
背伸びをする姿勢
これが お腹が痛い時のサインらしいです。

そういえば レンもしていたかな?
起きた時に 背伸びをするので 見分けが付きにくいんですよね
遊びに誘う時に 挑発する体制も こんな感じだし
とにかく手遅れにならなくて良かった

今回 獣医さんに診て頂いた日にトリミングの予約が入って居た事

その間 ノアを預けて 徹底的に検査して頂いたのですが
検査にかかった時間が 3時間超

もし ノアを預かって貰ってなかったら
ノアとレンを連れて 長時間の診察を受けるのって
とてもじゃ~ないけど私1人では 無理だったと思います

あとノアさん

我が家は わんこ連れでお出かけする際は 必ず2わん一緒に
どちらも 同じ様に接するようにしてるので
片っぽだけ連れて‥って事はしてなかったんです

最初の内は ノアも一緒に病院へ連れて行ってたんです

でも ノアは わんこが苦手な仔
病院には たくさんの患畜さんが居て
必然的に 興奮モードになる

そのうちに 心臓に負担がかかるようになったのかな?
お咳をしだすようになりまして
声も なんだかかすれたハスキーボイスになって来まして

ノアまで 病院のお世話になることだけは避けたいと思いまして
可哀想だけど ノアをお留守番させるようにしました。

初めての(たぶん‥以前 あったかもだけど 記憶にないぐらい昔の話なので)1人でのお留守番

しかも 我が家にはルールがありまして
お留守番は1日に1回限り

なのに 今回は そのルールも破っちゃって
朝 レンを病院へ連れて行って
また夕方 お迎えに行く際に お留守番して貰わなきゃ~ならない

かと言って レンをずっと病院へ預けて 何日も入院させるのも可哀想だし

ノアには かなり我慢させちゃいました
最初こそ キュンキュン言って お部屋の中をウロウロしてましたが
何日かするうちに ノアなりに悟ってくれたようで
全く泣きもせずに マシュマロの上で じっと耐えてくれてました
さすがに 熟睡はしてなかったですが
ウトウトはしてたみたいです

IMG_4824.jpg

まだかな?まだかな??
お玄関の方を見てるノア
1人じゃ~心細かったよね



IMG_4825.jpg

諦めて 寝て待つ。。






凄いぞ ノア!!
偉いぞ ノア!!!

私自身 かなり参ってましたが
頼もしいノアのお蔭もあって
倒れることなく 乗り切れることが出来ました


そして‥
投薬治療を初めて 1週間経ち

6月14日
点滴を止めて 初めての血液検査をしました
この頃には ほとんど いつものレンに戻って来てるように感じたのですが。。。

2017 6 14

CRPの数値が 1.0 → 0.8 まで下がりました

正常値が 0.7以下なので 微妙。。。

あと一声って感じです

とりあえず ここまで下がったので 消炎鎮痛剤のオンシオールは
止める事になりました



まだ完全に治って無いので
トリミングの許可は 下りませんでしたいじけ虫

2017 6 14 明細

(↑今回の明細で 本当は診察料の所が入院費となっておりますが
後日相殺して頂けます)






つづく





スポンサーサイト

レンの膵炎 闘病日記 ⑥

6月6日
この日も 自ら起きて来てご飯もモリモリ食べてくれた
この日も私はお仕事のため
旦那に獣医さんへ連れて行ってもらう
調子が良さそうなので
もしかして‥と言う期待を込めて
血液検査をして頂く


2017 6 6

5月31日CRPが3.2だったのが
6月6日 2.0まで下がっていた

ただ 1週間で1.20しか下がっていなかったので
ちとショック。。。

ま、当初 7以上あったからな‥
ぼちぼち気長に行くしかないか

もう少し 点滴生活は続く


2017 6 6 明細


ただ 順調に回復に向かっているようで
点滴を終えて お家に帰って来ても
寝てる時間が減ってきたように感じる

何よりも おもちゃを加えて遊んだり
振り回して遊ぶ姿が見られるようになった


6月7日
この日も点滴に行く


2017 6 7 明細

木曜は 点滴はお休みの日
と言う事で 針を抜いて頂いて帰る

お家に帰ると かなり元気が戻って来てる様に感じる


6月8日
この日は 私はお仕事
相変わらず 心配性の旦那が
留守中は お家に居てくれると言う事なので託す

やはり 私が居ない間はず~っと寝ていたようだ
発病してから おやつは勿論の事
朝のフルーツや夜のヨーグルト
お野菜も 南京はダメと言う事で
葉物のお野菜(白菜・キャベツ・小松菜・ブロッコリー)大根を細かく刻んだものと
あと すりおろした人参とを煮たものを与えてるので
そのお野菜を作り置きしているのですが
この日は 切れてたのでお仕事から帰って来て
キッチンで食材を刻んでると
キッチンまで来ておこぼれを貰おうと待機するようになりました

いつもの腹ヘラシにもどりつつあります


6月9日
この日も 獣医さんへ
ぼちぼち 点滴を卒業したいな‥と願いつつ
血液検査をしてみて
数値が標準値に達していなくても
投薬で治療出来ないか相談してみようと考えていると

そうこうしてると
なんと 今まで どんなに具合が悪くても吐かなかったレンが
朝ごはんを食べた後 吐いた

点滴を止めたいと思っていたのにショック

取り敢えず獣医さんへ

やはりこの日も混んでる

いつもは 院長先生に診て頂くんだけど
先に手が空いた女性のドクターに問診して頂く

水曜の晩から今日までの経緯を説明して
取り敢えず 採血をして頂く

ここ最近 ドライフードに変えて
お湯でふやかして与えてるので
水分は摂ってる筈なんだけど
血が濃いですね‥と言われる
何故だ?!


暫く待って結果が出たので
今度は院長先生に診察して頂く

2017 6 9

CRPの数値が 1.10 まで下がっていた

今朝 吐いた事を告げると
「嫌な時に吐きましたね~(笑)」と

ただ 思い当たる節があって
レンの体重がかなり落ちるので
すこしずつ 元の体重に戻すように努めましょう
と言う事だったので 今朝 ほんのちょっと 量を増やしたんですよね。

実は 与えているフードのカロリーが低いので
与える量が 物凄く多いんです
未だかつて こんなに量を食べた事無いよね?ってぐらい

きっとレンの胃袋に対してキャパオーバーだったのかも

点滴の件に関しては 数値が順調に下がってるし
点滴を9回流してるので このままずっと点滴が止められないと言うのも困るので
一旦 この辺で止めてみて様子を見てみましょう
っと言う事になりました


2017 6 9 明細


長かったわ
ほんと 長かったし
み~んな よく頑張った!!

また預けられるって思っていたレンも
この日は 一緒に帰ることが出来て
帰りの車中では 心無しが元気だったし
外を覗いてた事が多かったような気がします

点滴覚悟だったんだけど
一緒に帰って来たので 旦那と一緒にお留守番していたノアも大喜びで迎えてくれました

そして何よりも 外の物音に反応して
がうがうレンが戻って来たこと

本当は いけない事なんだけど
なんだかとっても嬉しかったなー

まだ完治とまで行かないし
お薬は まだ飲まさなきゃいけないので

毎日の通院からは解放されましたが
もう少し 闘病日記は続きます


2017 6 9 レン

レンくん よく頑張ったね!!!

明日からは お家で のんびりできるよ~っ!!!

レンの膵炎 闘病日記 ⑤

6月4日
朝 寝室から起きて来て日向ぼっこする。
痛み止めが切れてるのか
若干 ほんの少し元気なさそうに見える。
実は よくよく考えたら
3日の日の朝 消炎鎮痛剤を飲ますのを忘れていた
すまぬレン
薬が切れて痛かったよね

でも お野菜を完食。

缶詰を半分ぐらい食べた後 残す。

この日も 私は お仕事だったので
旦那に獣医さんへ連れて行ってもらう


お迎えは 私。
獣医さんでは缶詰 60グラム完食する。
元気そうにしていたらしい。


2017 6 4 明細





帰ってきて
お野菜を待ち切れなさそうに完食。
缶詰もモリモリ食べる。

夜ご飯もガツガツ食べた。

ヨーグルトの代わりに
缶詰を少し与える。
こちらも完食。

食欲だけは 完全に元に戻ったように見える


6月5日
朝 寝室から自分で起きてくる。
今までは ご飯の時間になっても寝ていたので
呼びに行っていたのですが‥。

朝のお野菜は食べた。
ガツガツではない。
眠いのかな?

この日は 私が獣医さんへ連れて行く

相変わらず 凄い混みようなので
診察室へは入らず
待合室にて 女性の先生に問診をして頂く

点滴中は ずっと起きて居る事
スタッフの方が 前を通ると 出してくれと
反復横跳びをしてること(笑)
人の気配が無くなると諦めて
うつらうつらしてるけど たぶん 寝ていないだろうと言う事で
そりゃ~お家に居ると 疲れてると思う‥と言われる

静脈点滴を始めてから1週間経過したので
ぼちぼち血液検査をして
数値が下がっていたら 点滴を止めて投薬治療に切り替えましょうかと提案されるが
お家での様子を見てる限りでは まだ本調子では無さそうなので
CRPの数値が下がっているとは思えないので
先延ばしにしていただいて
もう少し 点滴して頂くことにする


2017 6 5 明細

相変わらず 病院では 元気で居たらしい

今までは ↓ こちらを与えていたのですが



食欲も戻って来たので
この辺りで ぼちぼちドライに切り替えてもいいか相談してみる


    

↑こちらのドライを薦められて
お試し用サイズを頂いて帰る

試しに ご褒美用に 少量与えてみた結果
レンは どちらも食べてくれた!

ただ クリニカルダイエットは かなり低カロリー&低脂肪なので
味気の無いフードらしく ロイヤルカナンの方が食いつきは○
しかし!!
クリニカルダイエットは 合成保存料・着色料無添加なので
こちらの方が安心して与えられるので こちらを注文することに


レンくん点滴ちう


つづく







接待です?!

レンくんの膵炎の闘病日記の途中ではございますが
面白くないお話が続いておりますので

ちょいと遡りのお話でございます

お蔵入りにするのも
なんなので

忘れない内に ささっと日記カキカキ.gif


あれは GW明けの出来事でした

GWは なにかと忙しかったので
お家の用事は 溜まってたのですが
私の リフレッシュも兼ねて
のんびりしようっと意気込んで出かけてみましたクルマ


車中から ナイスな場所を見つけて
そこまで テクテク歩いたんですがお散歩

IMG_4729.jpg

一面のシロツメクサとタンポポのお花で
メルヘンちっく



IMG_4731.jpg

ただ。。。
日を遮るものが何もないので
と~っても暑かった


IMG_4732.jpg

IMG_4734.jpg

暫くしてレンくん こんな状態に
草の上は ひんやりして 少しはクールダウンになったかな



IMG_4730.jpg

ノアも一緒に写真パチリ.gif


IMG_4735.jpg

レンくん かなり暑そうだよね。。。


IMG_4736.jpg

ロケーション的には とっても良さそうなんだけど


IMG_4738.jpg

二次元で この良さを表現するのは難しいわ


IMG_4739.jpg

そのうちに ノアも こんな状態になって来ちゃって


IMG_4740.jpg

砂肝ちゃんが こんにちは して来たので
木陰まで退散して
そのまま 帰って来ちゃいました

なかなか 思うように事が運ばない
五月晴れいじけ虫



レンの膵炎 闘病日記 ④

6月1日
私は お仕事だったため
旦那が 私が帰って来るまで
お家に居てくれる
午前中?
15時あたりまで寝ていたらしい。

仕事から帰ってくると ごそごそと活動開始!
ご飯完食
まずまず元気だが
いつもの調子とまではいかず
まだ本調子ならず

6月2日
再び 静脈点滴開始
点滴 4日目

帰って来て お野菜を食べる際に
ジャンプジャンプして早くクレと 催促するようになる。
旦那が帰ってくるときに
吠えて迎える。
いつもなら 吠えると叱るのですが
吠える元気が出て来たのね~
っと 嬉しくなる


2017 6 2 明細






6月3日
この日も 私は お仕事
旦那に獣医さんへ連れて行ってもらう
ノアが寂しかろうと言う事で
旦那が お家に居てくれる

お迎えは 私
本来ならば 土曜の午後診はされていないのですが
レンの為に 女性の先生が残って下さっていた
レンの病院での様子
今後の ご飯の事を詳しく相談に乗って頂く
遅い時間なのに 本当に有難い

2017 6 3 明細


お家に帰って来ると 20時過ぎていたので
直ぐに ご飯の用意をする

お腹が空いているのか お野菜の用意をすると催促してねだる
寝て居る時間もあるが
いつもと比べると
起きて居る時間多し。


つづく

プロフィール

ろびまま

Author:ろびまま
メインは楽天さんで利用させて頂いております。
こちらは ゆる~く更新して行くつもりです♪

いくつになったの

script*KT*

Thank you for the visit

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー

月別アーカイブ
リンク
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム