05-<< 06-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

レンの膵炎 闘病日記 ④

6月1日
私は お仕事だったため
旦那が 私が帰って来るまで
お家に居てくれる
午前中?
15時あたりまで寝ていたらしい。

仕事から帰ってくると ごそごそと活動開始!
ご飯完食
まずまず元気だが
いつもの調子とまではいかず
まだ本調子ならず

6月2日
再び 静脈点滴開始
点滴 4日目

帰って来て お野菜を食べる際に
ジャンプジャンプして早くクレと 催促するようになる。
旦那が帰ってくるときに
吠えて迎える。
いつもなら 吠えると叱るのですが
吠える元気が出て来たのね~
っと 嬉しくなる


2017 6 2 明細






6月3日
この日も 私は お仕事
旦那に獣医さんへ連れて行ってもらう
ノアが寂しかろうと言う事で
旦那が お家に居てくれる

お迎えは 私
本来ならば 土曜の午後診はされていないのですが
レンの為に 女性の先生が残って下さっていた
レンの病院での様子
今後の ご飯の事を詳しく相談に乗って頂く
遅い時間なのに 本当に有難い

2017 6 3 明細


お家に帰って来ると 20時過ぎていたので
直ぐに ご飯の用意をする

お腹が空いているのか お野菜の用意をすると催促してねだる
寝て居る時間もあるが
いつもと比べると
起きて居る時間多し。


つづく

レンの膵炎 闘病日記 ③

5月30日
犬生初のエリカラ生活で
なかなか寝付けなかったレン
朝方 ようやく楽な体勢をレンなりに見つけて寝た模様

エリカラに まだまだ慣れなくて あちこちにぶつかっては おどおどしてる

相変わらず お薬を飲むのを嫌がるので
すったもんだして飲ます

ご飯は 食べてくれた!

静脈点滴2日目
この日は 私はお仕事
レンは 旦那に獣医さんへ連れて行ってもらう

お迎えは私
瞬膜も 殆ど 引っ込んで
いつものレンのお顔に戻った!
一安心
あまりにも酷いお顔だったのでお写真撮らずでしたが
ず~っとこのままのお顔だったらどうしようと心配しました

ドクターも 膵炎で瞬膜が出るのは珍しいケースですねと言われる

昨晩は 殆ど寝て無かったので
この日から エリカラを取ってみることに
最初は 包帯を巻いてる手を気にしていたが
ダメ!って言うと 気にしなくなったので
外すことにした。

帰ってくると暑いのか
涼しい窓際やクールボードの上に乗ることが多い。
人間の体感的には 然程 暑さは感じられないんだけど。。

注射針を刺している箇所に違和感があるのか
ピッコをひいて
手を床に付けようとしない
かなり気持ちが悪そう→包帯をきつく巻きすぎてるのかな?と素人なりに 解釈してみる

ご飯は食べるが 寝てばかりいる。
(後で聞いたのですが 病院では 一睡もしていないらしい)


2017 5 30 明細


5月31日
静脈点滴3日目
帰ってから 針を留置してる方の手に違和感があることを告げる
念の為 肺に水が溜まっていないか
血液検査&レントゲン検査をする。
心臓が1センチほど大きいが問題なし。
肺も前回撮ったものと変わらず
水が溜まっているようでもなし。


2017 5 31

膵炎には いわゆる特効薬と言うものが無いらしい

CRPの数値が 7オーバーから 3.20まで下がって来た!
取り敢えず CRPの数値が下がって来てるので
レンには 点滴が効いてる様なので
このまま 点滴を暫く続けて行くことに

あと 帰ってから 暑いのか 涼しい場所を好んで居る事を告げる
念の為に 体温を測って頂く
37.9度 熱は無いとの事
ただ単に レンが暑がりなだけなようだ


2017 5 31 明細


木曜は 休診なので点滴はお休み
注射針を外して帰る。

病院では 一睡もしていないらしく
帰りの車中では かなりぐったりとしている。

お家に着くと 安心するのか
そこそこ元気で腰をフリフリ
マウンティングをする元気が出てくる

昨日から 今朝にかけて
手に違和感があったのは
手がむくんでいたためと判明する



番外編
私が お仕事の日は 朝 旦那が獣医さんへ連れて行ってくれてました
普段 車で通勤してる私は 足が無いので
バス&電車で通勤してました
何処へ行くにも 車移動の私
公共交通機関に乗るのって 電車は10年超ぶり
バスに至っては 20年ぶり位に乗りました

最近イコカとかスイカとか電子マネーが普及してますよね
そんなものとは無縁のワタクシ
勿論 現金で切符を購入することも出来るのですが
お恥ずかしいお話 初めは 切符の購入の仕方も 忘れちゃって「?」状態でした

でも なんだか新鮮な体験でした
たまには バスや電車に乗るのも楽しいものですね


つづく





レンの膵炎 闘病日記 ②

5月27日
この日もお仕事だったのですが
朝起きると瞬膜の出が酷くなってる?
下まぶたの 涙袋のあたり?
腫れている
かなり気になったので
お仕事 お休みを頂き
獣医さんに連れて行く

結果 瞬膜は 抵抗力が落ちてても出るので 然程 気にしなくても大丈夫ですと言われるが
もし気になるようであれば 細胞診をしますと。

あと お薬を飲ます際に 物凄く嫌がるので
もしかして 口? 歯が問題なのかもと相談してみる

レンのお口が若干におうと言われたので
もしかして 歯の菌が悪さをして
目が腫れてるのか?

その辺は 調べてみないと分からないし
喉の唾液腺も若干 腫れているような気がしますと言われて‥

全身麻酔をかけて調べますか?と聞かれる

せっかく全身麻酔をかけるならば
歯は勿論の事
喉の奥まで調べて
目の瞬膜の細胞をとって調べましょうと提案される。

この状態で 全身麻酔をかけるのに抵抗があったので
今回は 見送らせて頂くことにする

取り敢えず 抗生剤のお注射をして
抗生剤の内服薬を処方して頂き
この日の診察は 終了

2017 5 27 明細


いつもの カリカリをふやかしたものは食べないために
手持ちの こちらを与える






消炎鎮痛剤を処方して頂いているのですが
通常 1日効いてる筈のお薬が 朝飲んで 晩まで持たないみたい

日中は そこそこ元気にしているのですが
20~21時頃を過ぎると
またぐったりとしてる
日中何とか食べてくれた ↑のウェットも
夜には 拒否られる

痛々しい姿に 何もしてやれないのが
とてももどかしくて辛い



5月28日
相変わらず 元気は無いが
抗生物質の お薬&お注射が効いたのか
目の下の腫れは少しましになる。
が 相変わらず 瞬膜は 出たまま

この日も 私は お仕事だったため
お休みだった 旦那に 託す

食欲は 相変わらず無し
嫌々ながら 極少量しか食べてくれなかったらしい


夕方 獣医さんから電話が入る

結果 膵炎のリパーゼの数値が 標準では 200以下の所
レンの場合 1138あると告げられ
かなり 重篤な数値であると告げられる

直ぐに 積極的に 膵炎の治療を始めたいので
明日 29日に 連れて来れますか?と お伺いを立てられる。


2017 5 26 lipase



5月29日
静脈点滴開始

の前に 晩になると 調子が悪そうなことを相談すると
CRPの数値が かなり高い事もあり
この薬の効きが 持たないことを告げられる
きっと 相当 痛かったんだろうな。。。

点滴をするに至って
夜中 入院させるのは 精神的にも 負担がかかるので
朝 連れて来て 晩 お迎えと言うスタイルを提案される

夜 診察が終わる 19時頃を見計らって お迎えに行く

迎えに行くと かなり瞬膜が退いていた!!

膵炎は 完全 食事療法なので
この日から ロイヤルカナンの 消化器サポート(缶詰)に切り替える

処方食の缶詰もお野菜も完食

明日も点滴の為に腕に点滴の針を留置しているためにエリカラ装着
エリカラつけているのを嫌がるが
何とか寝かす。
犬生初 エリカラ生活でした。

1回の静脈点滴で かなり 好印象な結果が見られる
この日から ご飯をモリモリ食べ出す
通常 レンの体系から
必要な量は 1日300gなのですが
吐き気を催さないように
かなり少量からスタートさせる
1日4食与えていたので
1回の給与量を25gからスタートさせました


ちなみに 病院でも 最初 躊躇していたそうですが
食べてくれたようです


2017 5 29 明細




つづく

11回目の祥月命日

日付が変わってしまいましたが
6月13日は ロビンの11回目の祥月命日でした


IMG_4876.jpg


いつもは ユリだけど
アジサイが 綺麗に咲いていたので
今回は お家で育ったアジサイを飾っております

あれから11年も経っちゃったんですね。

あの日の出来事は あんなに鮮明に覚えているのに

そして本日も カラッと晴れて爽やかな1日でした
不思議と この日は 晴れなんだなー

実は 少し前から 気配を感じております
ロビンが遊びに来てるみたい

今は レンにかかりっきりだったから
ヤキモチ妬いちゃったのかな
ロビンの事 忘れてないから
レン 連れて行かないでね


IMG_4877.jpg



祝!11歳

レンの闘病生活のお話の途中ではございますが

今日は ノア&レンの生まれた日
すったもんだありましたが
何とか揃って11歳をお迎えすることが出来ました


IMG_4870.jpg


ノアはアレルギー
レンは 低脂肪しか食べられないと言う
どちらも食制限があるので
美味しいものは 食べられないけど

愛情たっぷり 手作り食を作って差し上げました

病気を発症して以降
レンには アマアマに接していたので
マテが出来なくなって来て
写真を撮るのに苦労しちゃったまいったな~


あまりにも マテをさせちゃってたので
衝撃映像をとらえちゃってました


IMG_4867.jpg

ノアさん 糸ひいてるし


IMG_4868.jpg

レンも再発しないように気を付けて
元気に1年過ごせますようにお願い


ノア&レン お誕生日 おめでと!
いつまでも 私の傍に居てね!!



プロフィール

ろびまま

Author:ろびまま
メインは楽天さんで利用させて頂いております。
こちらは ゆる~く更新して行くつもりです♪

いくつになったの

script*KT*

Thank you for the visit

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー

月別アーカイブ
リンク
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム